中古品買取なら、中古品買取専門館にご依頼下さい。

無料査定はこちら

中古買取専門館 > 中古買取専門館のブログ

中古買取専門館ブログ

春闘の季節です



春先になると春闘という言葉を耳にするようになります。

先日のニュースでも早々と春闘という言葉を耳にしましたが、大手の会社に勤務している訳ではない人たちは、春闘を経験したりする事はありません。大手に勤めていた父は春闘だとかストライキだとか、そんな事を言いながら会社に出かけていたのを子供ながらに覚えていますが、日本の成長期での事でしたから働けば働くだけ売り上げが伸びた時期だと聞いています。

人によっては、春闘どころか会社の景気に合わせて逆に自分の給与が下がったり、勤務時間を削ったり増やしたりと会社の存続に貢献しなければ、この先の身が危ないという方もいるでしょう。

大手に勤めている人たちの春闘は雇用待遇の見直し要求で、賃金アップや雇用時間や雇用体制の改革などだとの事です。

円高で輸出メインの会社はそれなりに打撃を受け、リストラなども多くなっている中、会社自体の経営すら赤字計上が増えているだろうに、それでも賃金値上げを要求するというのが、私には理解が出来ない部分でもあるのです。

もし、売り上げ自体が落ち込む中で賃金が上がったとしても、売り上げが頭打ちで給与の支出ばかりが増えて勤務する会社が倒産してしまったら働く事すら出来なくなる可能性もあるのに、そんな事を考えた事はないのかなと、思ったりもします。

今後ともよろしくお願いします。



買取業務をしていると・・

こんにちは。

日々、買い取りの案件が入ってくる中で、お客様から意外な問い合わせもあるものです。

たとえば、

「セルマーのフルートは扱ってますか?」という問い合わせ。

これに対して、当店は、「扱ってますよ」と応えるのですが、もちろん、扱っているというのは、買い取りをしているということ。

しかし、お客様の方は「売っていますか?」という意味で、聞いていたりするから、お互いに何を前提に話しているのかを、意識して確認しておかなければならない。


-お客様は、買うことを前提に質問をし、当店は、買取依頼を前提に答える-


前提って、最初に間違えると、大変ですので、最初にしっかり確認していくことが大切なのだなぁと思いました。


本日もご訪問ありがとうございます。